だれも顧みない

孤児である天才少女と前科のある母親代行、彼らの胸に響く連帯が始まる。

  • ジャンルスリラー
  • 進出希望事業化分野映画、海外出版
  • 作品紹介ミステリースリラー「だれも顧みない」は出版されるやいなや多くの映像制作会社からラブコールを受け、テレビドラマ版権契約を締結した。
    作品は社会から、そして人から捨てられた二人の女性の連帯を温かく描く一方、各チャプターをダイナミックに解き明かし、作品の意味とサスペンスという二兎を得た。
    作品に血が飛び散るシーンはなく、2人の女性主人公の連帯だけでも緊張感漂う独特のスリラーであり、映像コンテンツに適した構造で密度を高めた。

ディレクトリブックを見る

作品PR動画

紹介動画